新春のっぺ学

のっぺ
下越でも新発田の旧市街地では「小煮物(こにも)」、村上は「大海(だいかい)」といいますね。新発田では、冠婚葬祭でそれぞれ具材や切り方が違うそうです。
給食で出されているスタンダードなレシピはこちら→新発田市食の循環によるまちづくり「新発田のおかずあれこれ」

のっぺ(のっぺい汁)は全国各地に名称は違うものの、同系統の料理が存在するとのこと。
また、クロスカルチャーな人の往来もあり、家庭ごとに名称が違うってことも。
基本的には野菜などを葛粉や片栗粉などでトロみをつけた汁物のことをのっぺい汁(濃餅汁)といってたそうです。1136年、平安時代の奈良の寺院でお参りに来た武士に振る舞われた料理が起源という説が有力です。

江戸時代にはのっぺい汁の専門店が江戸にあったようで、そこで食べた人たちが故郷へ伝えたという都市伝説も。西日本では鶏、東日本では鮭やいくらが使われるなど、土地の産物を取り込んで、それぞれの郷土料理になったようです。共通しているのは、すまし汁であることと汁を残さず食べる目的でとろみをつけるところだそうです。

で、新潟県のものは汁気がない煮物として伝わっている稀な例だそうです。そして、のっぺ=新潟の郷土料理といわれるくらい、いまでも地元に親しまれています。さらに特徴的なのがトロみは里芋だけというところ。現地人からすると普通なんですけれども(笑



詳しい解説は新潟県立女子短期大学の研究レポート(1988)が有名です。

子どもと作る機会に、うんちく自慢できそうですねw